top of page

Sui Sha | 27476steps in one day

27476steps in one day

11月某日。私のスマホの歩数計は、27476という数字を表示した。

900を超える戸数の工事現場。南北の棟にわかれてあり、それぞれが地下2階地上 25階を有する。非常用階段、非常用EVが主に許可される移動経路で、この写真はおそらく、非常用エレベーターホールにいる時ではないかと推察され、そしてこの作品は、その時の無為写真をもとに創作した写真画です。

ずらりと並ぶ、同じ形状のドア。10数戸ずつ並列しているその光景は、どの階にも同じ。非常階段で上下移動する時は、踊り場でターン踊り場でターン踊り場で ターン。開けては閉めての東奔西走。窓のない、薄暗い照度の内廊下。おっと行き すぎた。ええとちょっと待って。今、私は、どっちのタワーの何階にいるんだ?

 

数千万から数億の、数字がつけられた分譲マンションは、完成して住むのを心待ち にするそれぞれの意識や感情をあらわにしていく。従事する人々は、約束されてい た色、形、素材を調理して、喜びまでの仕度をする。きたいという名の空気をあたためる。

ずり落ちて、視界を邪魔するヘルメット。外履き用の靴、内履き用の靴、室内用の スリッパ。白手袋、蛍光ペン、ボールペン。関係者であることを証明する腕章。土埃に汚れる防寒着。トランシーバー、携帯電話、書類の束。この身と同体になるこ の物たち。

物事はいつだって両側面が抱きあわせになっている。薄暗いゴーストレートな内廊 下に、閉塞と、息苦しさを感じてしまったあの瞬間を、いま。ホワイトキューブの 空間にピンでとめ、スポットライトをあてる。多くの人があしをとめる。キャプ ションの右下に小さく表示された黒い正方形が、作品の原型と知って、へえ!と声 をあげる。

これ以降わたしは、カラフルを授けるのだ。

bottom of page